エタニティリングを贈ろう|豪華なデザインが人気

  1. ホーム
  2. ブライダルリングの新定番

ブライダルリングの新定番

手

重ね付けの相性も良し

結婚を決めたときの定番リングとしては、婚約指輪と結婚指輪があります。最近ではこのどちらとも異なるエタニティリングの存在がじわじわと人気となっているのです。エタニティとは、英語で永遠を指す言葉であり、指輪の周囲にぐるっと同じ大きさのダイヤモンドが並べられているのが特徴の指輪です。もともとエタニティリングは、結婚記念日などの記念に多く贈られるリングでした。婚約指輪は、大きめのダイヤモンドがひとつ付けのデザインが多く、普段使いするのには不向きでした。せっかく贈られた指輪を、普段から身に着けたいという人も多く、引っ掛かりのないエタニティリングを、婚約指輪の代わりに選ぶ女性が増えているのです。エタニティリングは、そのデザインから、シンプルな結婚指輪との重ね付けの相性も抜群です。同じシリーズで揃えることも可能で、ブライダルリングの新たなる定番になりつつあるのです。エタニティリングは、一般にはダイヤモンドが一周しているタイプが多いのですが、隙間なく並べられていることから、値段も少し張ってしまいます。そこで、リング半周程度にダイヤモンドが並ぶ、ハーフエタニティリングも最近では人気です。値段を抑えることが出来ることと、手の内側はシンプルな地金リングとなるので、日常生活により適したデザインとなっています。ダイヤモンドはとても硬い石であるために、仕事などによっては商品を傷つけてしまう可能性もあります。普段からずっとエタニティリングを身に着けていたいのなら、自分の日常と照らし合わせてデザインを選ぶといいでしょう。