エタニティリングを贈ろう|豪華なデザインが人気

手

ブライダルリングの新定番

新しいブライダルリングの定番、エタニティリングの人気が上がっています。指輪の周囲に同サイズのダイヤモンドが並べてあり、普段使いに向いているデザインとなります。結婚指輪との重ね付けも相性が良く、女性たちに人気なのです。外側のみにダイヤモンドを並べたハーフタイプもあり、より日常使いに適しています。

結婚指輪や婚約指輪として

指輪

記念日などにも人気です

エタニティリングはリングの周りに小さなダイヤモンドをあしらっているデザインが特徴の指輪です。正面だけダイヤで覆ったハーフリングと全体をダイヤモンドで覆ったフルエタニティリングに分かれます。どちらも結婚指輪や婚約指輪として利用する人が多く、それ以外の需要としては結婚記念日などに購入するものです。ひと昔前までは、結婚記念日のリングとしてエタニティリングは人気がありましたが、最近では婚約指輪としての需要が高まりつつあります。一粒ダイヤモンドを婚約指輪とするよりもエタニティリングを婚約指輪にするほうが毎日身につけることができて嬉しいという女性が多くなってきました。また、フルエタニティリングとハーフエタニティリングとでは、ハーフエタニティリングの方がつけやすく人気です。付け心地がよいほか、サイズの変化にも気軽に対応できるのが、ハーフエタニティリングの魅力です。また、婚約指輪としてエタニティリングを購入した場合には、結婚指輪との重ねつけも相性がよいのが特徴です。価格帯もハーフリングの方が、ダイヤモンドを使用している数が少ないことから、比較的購入しやすい価格帯になります。それ以外の特徴としては、幅などによってダイヤモンドの大きさが異なるため価格に違いがでるという点です。お気に入りのエタニティリングを探す前に、まずはフルなのかハーフなのかを決めておくとよいでしょう。そしてどっちらを買うか明確にした後、リングの幅など具体的なデザインを考えるとスムーズに購入できます。

男女

人気のデザイン

最近、エタニティリングをブライダルリングにするカップルが増えています。エタニティリングは指輪のアーム部分に、ダイヤが均一に装飾されているのが特徴です。他の指輪と重ね付けしやすい、日常使いしやすい事から幅広い年代の方に選ばれています。

リング

留め方で見た目に違いが

エタニティリングを選ぶ場合、ダイヤモンドの留め方をチェックするという方法があります。共有爪留めはエタニティリングらしい表情の留め方です。石落ちが気になる場合は、4点留めやレール留め、彫留めがおすすめです。